情報一覧

コアンダ効果を流体解析で検証する

コアンダ効果について流体解析を行い、流れ場の詳細を確認してみます。コアンダ効果は「種々の条件下で流れが壁に付着する現象」の一般的な名称です。より一般的には凸型の曲面上を壁面に沿って流れることをいいます。流線曲率の定理も合わせて説明しています。

大気の安定性と流体力学

大気が不安定とはどのような状態かについて解説します。流体力学的な説明を交え、断熱減率や雲の形成、線状降水帯についてお話します。また、CATCFDzeroによる熱対流のシミュレーションもご紹介します。

空気齢を計算する

CATCFDzeroで空気齢を計算してみます。空気齢とは領域に入ってきた空気がどれだけの時間である地点に到達するかを示す指標です。空気齢は室内気流解析の評価指標としてよく使われます。

スポンサーリンク