関数グラフオンライン作成

関数のグラフを描画する

入力した関数のグラフを描画できます。数式を入力し、「グラフ描画」ボタンを押してください。媒介変数、極座標、陰関数のグラフにも対応しています。ファイルからデータを読み込んでプロットすることもできます。

※画面レイアウトを変更しました。
※データファイルを読み込んでプロットできるようになりました。

使用方法の詳細はこちら

関数入力データファイル描画設定
関数1 凡例1

ファイルは読み込まれていません。
行番号
開始
終了
列番号 凡例
x
y1
y2
y3
y4
y5
スタイル
最小 最大 刻み ラベル 対数
x軸
y軸
変数 t , $
ポイント点数
文字サイズ
正方形領域
グラフタイトル

使用方法

関数プロット

  • 「関数入力」タブで、関数式を入力し「グラフ描画」ボタンを押すと、グラフが描画されます。
  • 「凡例」:凡例の名称を変更できます。
  • 「+」ボタンで関数を追加できます。「-」ボタンで関数を削除できます。関数は最大10個まで同時にプロットできます。
  • 「保存」ボタンを押すと、グラフが画像として保存されます。
  • 「描画設定」タブでグラフの詳細な設定ができます。
  • x軸、y軸の最小値、最大値、刻み、ラベルを指定できます。y軸は、最小最大を指定しない場合、自動スケールになります。x軸の最小最大は必ず入力してください。刻みを小さくしすぎると自動で調整されます。対数にチェックを入れると、対数軸になります。
  • 軸や変数t,$\$$の最小最大、刻みには $\pi$ を入力することができます。$ -2\pi \leqq x \leqq 2\pi$ 、刻み $\pi / 2$ で x軸を指定するときは、最小に -2*pi、最大に 2*pi、刻みに pi/2 と入力してください。
  • 「変数 t, $」 :媒介変数表示、極座標表示に用いる変数の最小値、最大値を指定します。
  • 「ポイント点数」:グラフ描画の点数です。各点間は直線で結ばれています。ポイント点数を増やすと、より滑らかなグラフになります。
  • 「文字サイズ」:ラベルやタイトルの文字の大きさを変更できます。
  • 「正方形領域」:描画領域を正方形にします。
  • 「グラフタイトル」:グラフのタイトルを設定できます。
  • グラフの線にカーソルを合わせると、そのポイントの値が表示されます。
  • グラフの凡例をクリックすると、そのグラフの表示/非表示の切り替えができます。
  • 関数入力の方法
    変数は x です。使用できる演算子、数学関数は以下のとおりです。入力は半角で行ってください。
数式名称入力形式
$+$加算+
$-$減算-
$\times$乗算*
$\div$除算/
$x^a$べき乗x^a
$\sin x$正弦sin(x)
$\cos x$余弦cos(x)
$\tan x$正接tan(x)
$\sin^{-1} x$逆正弦 asin(x)
$\cos^{-1} x$逆余弦 acos(x)
$\tan^{-1} x$ 逆正接 atan(x)
$\sinh x$双曲正弦 sinh(x)
$\cosh x$双曲余弦 cosh(x)
$\tanh x$双曲正接tanh(x)
数式名称入力形式
$\sinh^{-1} x$ 逆双曲正弦 asinh(x)
$\cosh^{-1} x$ 逆双曲余弦 acosh(x)
$\tanh^{-1} x$ 逆双曲正接 atanh(x)
$e^x$指数関数exp(x)
$\ln{x}$自然対数log(x)
$\log_{10} x$常用対数log10(x)
$\sqrt{x}$平方根sqrt(x)
$|x|$絶対値abs(x)
$\mathrm{sgn} \ x$符号関数sign(x)
$\mathrm{\Gamma}(x)$ガンマ関数gamma(x)
$\mathrm{B}(a, b)$ベータ関数beta(a,b)
$\mathrm{erf}(x)$誤差関数erf(x)
$\mathrm{max} \{a, b\}$最大値max(a,b)
$\mathrm{min} \{a, b\}$最小値min(a,b)
$\pi$円周率pi
数式(比較演算、論理式)名称入力形式
$x=a$等しい x==a
$x \neq a$等しくないx!=a
$x > a$大なりx>a
$x \geqq a$以上x>=a
$x < a$小なりx<a
$x \leqq a$以下x<=a
$A$ かつ $B$論理ANDA&&B
$A$ または $B$論理ORA||B
$A$ でない論理否定!A
$A$ ならば $B$ そうでなければ $C$三項演算子A?B:C
  • 関数入力の例
    • $\frac{1}{\sqrt{2 \pi}} \exp \Bigl( - \frac{x^2}{2} \Bigl)$
      1/sqrt(2*pi)*exp(-x^2/2)

    • $\ln \Bigl| \tan \Bigl( \frac{x}{2} \Bigl) \Bigl|$
      log(abs(tan(x/2)))

    • $1.23 \times 10^{-2} \cos x$
      1.23e-2*cos(x)

    • $-\pi \leqq x \leqq \pi$ のとき $0$、それ以外のとき $\sin x$
      x>=-pi && x<=pi ? 0 : sin(x)

  • 媒介変数表示の入力方法
    媒介変数を用いたグラフもプロットできます。媒介変数は t です。xの数式とyの数式を ;(セミコロン)で区切って入力してください。媒介変数 t の最小最大は必ず入力してください。

    • サイクロイド曲線
      $x = t - \sin t$
      $y = 1 - \cos t$
      t-sin(t) ; 1-cos(t)

    • 対数螺旋
      $x = e^{0.1 t} \cos t$
      $y = e^{0.1 t} \sin t$
      exp(0.1*t)*cos(t) ; exp(0.1*t)*sin(t)

  • 極座標表示の入力方法
    極座標を用いたグラフもプロットできます。角度変数は $\$$ で入力してください。角度 $\$$ の最小最大は必ず入力してください。

    • アルキメデスの螺旋
      $r = \theta \quad (\theta \geqq 0)$
      $
      $\$$の最小は0に変更してください。

    • 正葉曲線
      $r = \sin 4 \theta$
      sin(4*$)

  • 陰関数の入力方法
    陰関数のグラフもプロットできます。変数は x と y を使用して、左辺と右辺は = で結んでください。陰関数グラフの場合、y軸の最小最大を必ず指定してください。

    • ストロフォイド曲線
      $(x + 1) x^2 + (x - 1) y^2 = 0$
      (x+1)*x^2+(x-1)*y^2=0

    • レムニスケート曲線
      $(x^2 + y^2)^2-2(x^2 - y^2)=0$
      (x^2+y^2)^2-2*(x^2-y^2)=0

    • ハート曲線
      $(x^2 + y^2-1)^3=x^2 y^3$
      (x^2+y^2-1)^3=x^2*y^3

データファイルプロット

  • 「データファイル」タブを開き、「データファイル読込」ボタンで、ファイルを指定して読み込みます。
  • データファイルの書式
    データファイルの書式は以下のような表形式のテキストファイルです。各数値は、空白またはカンマ( , )で区切られている必要があります。文字の行はコメント行として扱われます。
data file
x	y1	y2
0	0	0
0.1	0.005	0.009983342
0.2	0.02	0.039733866
0.3	0.045	0.088656062
0.4	0.08	0.155767337
0.5	0.125	0.239712769
  • プロットするデータの範囲を指定できます。「開始」にプロットを開始する行番号、「終了」にプロットを終了する行番号を指定します。指定しない場合は、全てのデータ行がプロットされます。
  • xとyにどの列のデータを使用するか指定します。「x」にxとして使用するデータの列番号、「y1」から「y5」にyとして使用するデータの列番号を指定します。列番号を指定しない場合は、そのデータはプロットされません。同時に5つまでプロットできます。「凡例」には各プロットの凡例を指定します。
  • 「スタイル」:プロットするグラフのスタイルを指定します。
  • データファイルプロットは、関数と同時にプロットできます。

スポンサーリンク
科学技術計算のご相談は「キャットテックラボ」へ

科学技術計算やCAEに関するご相談、計算用プログラムの開発などお困りのことは「株式会社キャットテックラボ」へお問い合わせください。

お問い合わせはこちら

フォローする