片持ち梁(等分布荷重)の計算

等分布荷重による片持ち梁の計算

等分布荷重による片持ち梁の強度を計算します。梁は矩形断面です。分布荷重、長さ、断面幅、断面厚さ、ヤング率を入力してください。せん断力、最大曲げ応力、曲げモーメント、断面2次モーメント、断面係数、たわみ量が計算されます。

分布荷重 $w$ [N/mm]
長さ $l$ [mm]
断面幅 $b$ [mm]
断面厚さ $h$ [mm]
ヤング率 $E$ [GPa]
せん断力 $Q$ [N]
曲げ応力 $\sigma$ [MPa]
曲げモーメント $M$ [Nm]
断面2次モーメント $I$ [mm4]
断面係数 $Z$ [mm3]
たわみ $\delta$ [mm]

片側が支持された長さ $l$ の片持ち梁に、等分布荷重 $w$ を作用させます。このときの諸量は以下のようになります。

最大せん断力(固定端)
$$ Q = wl$$

最大曲げ応力(固定端)
$$ \sigma = \frac{M}{Z}$$

最大曲げモーメント(固定端)
$$ M = \frac{wl^2}{2}$$

たわみ(先端)
$$ \delta = \frac{wl^4}{8EI}$$

$Z=bh^2/6$:断面係数、$I=bh^{3}/12$:断面2次モーメント、$E$:ヤング率

関連ページ

集中荷重による片持ち梁の強度を計算します。梁は矩形断面です。集中荷重、先端からの距離、長さ、断面幅、断面厚さ、ヤング率を入力してください。せん断力、最大曲げ応力、曲げモーメント、断面2次モーメント、断面係数、たわみ量が計算されます。
スポンサーリンク
科学技術計算のご相談は「キャットテックラボ」へ

科学技術計算やCAEに関するご相談、計算用プログラムの開発などお困りのことは「株式会社キャットテックラボ」へお問い合わせください。

お問い合わせはこちら

フォローする