Canteraの使い方1:初歩の初歩

Canteraの使い方の初歩。PythonのAnacondaにインストールできたら、とりあえず使ってみる。Pythonコマンドで次を入力する。

import cantera as ct

これで、Canteraをctというオブジェクト名でインポートする。

gas = ct.Solution('gri30.cti')

次に、gasというオブジェクトに、gri30.ctiというファイルを定義する。gri30.cti は、GRI-Mech 3.0の反応メカニズムが定義されたCanteraの入力ファイルで、Canteraのインストールディレクトリにある(Windowsなら、C:\Users\ユーザー名\Anaconda*\pkgs\cantera-2.4.0-***\Lib\site-packages\cantera\data)。

次に以下を入力する。

gas.species_names

これで、gri30.cti に定義されている化学種が出力される。

gas.T
gas.P

Tは温度、Pは圧力でデフォルトで設定されている値が出力される。

gas()

これで、状態がまとめて出力される。

次に、温度、圧力の条件を変えてみる。

gas.TP = 1000, 202650

温度 T を 1000[K]、圧力 P を 202650[Pa] に設定した。これで、再び gas() を入力してみる。出力される状態量が変わっていることがわかる。

スポンサーリンク
科学技術計算のご相談は「キャットテックラボ」へ

科学技術計算やCAEに関するご相談、計算用プログラムの開発などお困りのことは「株式会社キャットテックラボ」へお問い合わせください。

お問い合わせはこちら

フォローする

スポンサーリンク