Cantera:ChemkinファイルをYAMLファイルに変換する

※Canteraバージョン:2.6.0

Chemkinの入力ファイルがあれば、CanteraのYAMLファイルに変換することができる。

ck2yaml --input=chem.inp --therm=therm.dat --transport=tran.dat --permissive

ck2yamlというユーティリティが用意されている。オプションでChemkinの入力ファイルをそれぞれ指定する。

--input:Chemkinのインプットファイル
--thermo:熱力学データファイル
--transport:輸送特性データファイル

コマンドを実行すると、Chemkinのインプットファイルで指定したファイル名に拡張子.yamlが付いたCanteraのYAMLファイルが出力される。

therm.datなどで化学種が重複して定義されている場合、"--permissive"オプションをつけると、最初に記述されているデータが使われる。

入力ファイルのフォーマットがおかしいとエラーが出力されるので、エラーが出ている化学種や行数などをチェックして入力ファイルを修正してから再度試す。よくあるのは、thermoデータやtransportデータに化学種がない、など。

スポンサーリンク
科学技術計算のご相談は「キャットテックラボ」へ

科学技術計算やCAEに関するご相談、計算用プログラムの開発などお困りのことは「株式会社キャットテックラボ」へお問い合わせください。

お問い合わせはこちら

フォローする

スポンサーリンク